2008年12月 8日 (月)

忘年会シーズン

さて、タイトルからイメージするとかなり柔らかい内容のように思えるが・・・。

 

忘年会がすでに2件終わった。

今年は4件ある予定だ。

ごく一般的に一人当たり何件くらいの忘年会が存在するのか定かではないが、そのほとんどが忘年会という名の単なる飲み会であることは間違いない。

それがすでに2件終わった。

 

酒の席とは結構バカ騒ぎというイメージが濃い。もちろん私が出席するのもその類だ。

しかし、この2件はいずれも経営者がほとんどという、いわば社長の会。

と、言いながらも結構柔い、バカ騒ぎ色の濃い、忘年会である。

 

しかし、社長の会ともなると、酒に酔いながらも愚痴が出る。

愚痴と言っても、

「ばかやろーっ!!!」的なものではなく、一種の嘆きかも知れない。

これが実は結構勉強になる。

 

「会社は社員のものである。なのに社員はわかってない」とか、

「社会貢献なくして利益なし。あいつは利益だけ追うから営業が伸びない」とか、

伸びてる会社の社長が言うことは違う。

いや、そういう会社が伸びてきた事実がある。

 

彼らに言わせると、私の場合、

「何のために不動産を売るのか」

という問いに対して、

「お客様の幸せのために」

となる。

お客様が土地を買って、家を建て、家族団らんになり、幸せな家庭ができる。

仕事には力が入り、世の中に幸せのお裾分けをするようになる。

世の中が少しずつ幸せになる・・・。

それが継続できて初めて私は家族を養い続けることができるのである。

 

それを本気で実行し続けていこう、そんなふうに思えるのは、前述した社長の皆様方の話のおかげだ。

 

「我々は生きている、のではなく、生かされている」ということを聞いたことがある。

企業も生かされている、のだ。

 

他人の土地にゴミを捨てたり、タバコをポイ捨てしたり、というものから、親殺し、子殺しのような悲惨な事件まで、日本人はどうなってしまうのか、と多くの日本人がお嘆きだろうと思う。

でも、それを変えていくことができるのは、大きなチカラではなく、個々の小さなチカラの結集であることも事実である。

そんなことを忘年会で本気で考える人たちがいる。

飲めばホントのその人がわかるという。

利益に走るだけでは企業も弱体化する。

社長から始めていかねばならないのである。

2009年が来ようとしている。

 

| | コメント (0)

2006年5月19日 (金)

ちょっと真面目に

日本は所得格差の高い国です。確か世界第3位(間違ってたらゴメン)くらい。

なのに何故みんながみんな中流家庭意識を持っているんだろう。

およそ4分の1の人が総所得の4分の3を分け合っています

残りの4分の1を4分の3の人が分け合っています

所得が少ない人が周りに多すぎて4分の3の人たちは気付いてないんですね。

それが当たり前と思っているんです。

これは、

厚生労働省のホームページにある、

所得再分配調査報告書を見るとわかります。

http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/data-kou6/data14/h14hou.pdf

 

総務省統計局の資料を見ると次のようなことがわかります。

現在60才以上の世帯の平均貯蓄は約2500万円だそうです。

高度成長期、終身雇用、年功序列、毎年2回の賞与、退職金、バブル・・・。

いわゆる「いい時代」を支えてきたみなさんの老後の貯蓄額です。

平均を上回る貯蓄ができているのは約30%です。

彼らには年金もあります。

十分な額です。

http://www.stat.go.jp/data/kakei/family/4-5.htm

しかし、私たちの世代が老後、今のお年寄りと同じ生活水準を保つためには少なくとも6000万円の貯蓄が必要なことをご存じでしょうか?

 

ちなみに6000万円を貯蓄しようとすると仮に40年間働いたとして、年間150万円、毎月125,000円の貯金が必要ですね。

40年間というと20才から60才までです。

みなさんはいかがですか?

 

さて、不動産の話になりますと、

団塊の世代の不動産取得は終わりました。

10年後には一人っ子世代が結婚し始めます。

親がすでに居住用財産を所有していて、その息子と娘が結婚する。

少なくともどちらかの不動産は余ります。

10年後は不動産が売れづらくなると私は思っています。

株にしてもガンダムのフィギュアにしても需要が供給を大きく上回ってこそ価値が出るんです。

事業用資産にしても定期借地権の定着とインターネットビジネスの台頭により、買うよりも借りた方がお得という企業が多くなります。(もちろん、都会では一概にそうとも言えないところがあります)

不動産はもう値上がりしない!と覚悟しておいた方がいいでしょう。

ならば下がるか?

私は今が底だと思っています。

20年待ってもいい、という人は買うのを待ってもいいでしょう。下がるかも知れません。

つまり、売り買いするなら金利も低い今がチャンスですね。

金利はご存じのようにすでに上昇傾向にあります。

 

世の中は私たちが想像するより早く成長しています。一度壊れた金融システムは今までと違った全く新しいものとして生まれ変わりました。

過去の経験や常識は通じなくなったのです。

今のままではヤバイ(-.-;)

と思っているのは私だけではないはずです。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

新社長

あいかわらず週末は雨ばかりでなかなか野球の日程も消化できていません。

ちょうど大会のシーズンで、それがどんどん遅れて予定が詰まってきているんです。

この前の日曜日はなんとかできましたけどね、グランドの整備で開始が2時間も遅れました。

 

ところで、会社の代表取締役を変更しました。

新社長は私の弟です。

私が会社を始めたのがちょうど30才になる年でした。

彼もすでに31才。全く問題ありません。

別に社長に年齢制限があるわけではありませんけどね。貫禄も僕よりあるし。

で、私は何をやるのかと申しますと・・・。

 

イチ営業マンとしてリスタートしようと思っています。

もちろん不動産業の仕事を。

 

思えば不動産業界に全く入らないまま会社を立ち上げました。

「よくそんなのでやってこれたな!」

といわれるかも知れませんが、

ハイ、私は不動産を売ったこともないのに不動産業を自分で始めたのでした。

それがすでに14年目に入っています。

 

世の中の独立を考えているみなさん、

独立起業に必要なのは人脈でも能力でも資金力でもありません。

勇気と決断力です(`´)q

なんて一度カッコ良く言ってみたかった^^

「やりたい」気持ちの源は「いい加減今の毎日がイヤ」という気持ちでした。

変わりたかったんでしょうね。

 

もちろん、不動産の①営業マンで終わる気はサラサラ無いので、

まだ法人にしませんが、一応会社を作ろうと思います。

中国ビジネスやこれから取り組もうと思っているニュービジネスの窓口に、と。

社名は「RaK(ラック)」といいます。

幸運の「LUCK」と私の二人の息子のイニシャルを合わせたものを掛け合わせました。

「R and K」で「RaK」・・・・いかが?

業績は社名で決まるわけではありませんが、

気に入っていますp(`´)

これから新たに①営業マンとして、新会社の立ち上げとしてもがんばっていこうと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)