2010年9月29日 (水)

YUI LIVE in TAKAMATSU

大好きなYUIのLIVEに初めて参加した。

彼女は僕にとって非常に大切なメッセージを常にその楽曲に乗せて送ってくれる、いわゆる勇気をくれるアーティストの一人である。

そんな彼女のLIVEである。

2010live_2

スタートはアップテンポの曲から。

本来ならここで47才は付いていけなくなるのだが僕は大丈夫だった。

隣のおばさんは2曲目ですでに座っていたが。

 

途中、全員を座らせてのアコースティックLIVEも入る。

曲をどんどんやっていくような走りっぱなしのLIVEではない。

彼女の天然さを遺憾なく発揮するトークも空気を和ませる。

 

途中気分が非常に心地いいことに気付いた。

心地いいLIVEなのだ。

それはきっと、彼女の独特の声質や歌詞、つまり楽曲だけでなく、彼女の持つ雰囲気、佇まい、天然トークなど、彼女自身が発する全てのものから作られていることに気付く。

ノセる、聞かせる、笑わせる。

絶妙だ。

単なるエンターテイメントの場でなく、同じ空気を共有するような感覚。

癒されるのである。

勇気をくれるだけでなく、癒されるLIVE。

 

周りを見ると老若男女を問わないオーディエンス。

もちろん20才代が一番多いだろうが。

これもみんな、そんな彼女の雰囲気に魅せられた人たちなのかも知れない。

 

曲が終わる毎に深々とお辞儀をする。

スタッフからギターを受け取るときには会釈をする。

会場のファンの人たちと会話する。

 

彼女は普通のことを一生懸命やっているように見える。

そしてそれは普段見えている景色や普段触れている空気や毎日の何気ない出来事の大切さ、つまり、ともすれば見失いがちになるごくごく当たり前の大切なものを、それこそ見失わないように大切に大切にしているような、そんな姿勢を垣間見ることができるのだ。

だから周りが共鳴する。

感動する。

元気になれる。

 

彼女は突っ張ることをRockとしない。

自分自身の普通の目線をRockしている。

それが彼女のスタイルではないだろうか。

 

最後には彼女が最も大切にしているであろう、生歌(つまりマイクを通さずに歌う)で終わった。

最後の最後までYUIのスタイル、型に囚われない、彼女自身の不変のスタイル、そんあ普通の彼女に会って、また元気になれる。

 

大好きな「laugh away」で彼女はこう歌う。

♪いつだって負けないように、ねぇ

♪そう笑って、いつも笑って

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 2日 (月)

爆破予告?

2月28日、3月1日のアスティ徳島でのミスチルコンサート。

なんと爆破予告があったらしい。

そういえば開演が20分遅れたし、警察官もいたし。

そんな状況なのに全く知らなかったsweat01

 

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

ミスチルのコンサート

コンサートに来るのは久しぶりだ。

前回の大阪城ホールの長渕剛さんのコンサートに行ったきりだな。

 

会場のアスティ徳島に開演45分前に着いた。

立ち見席の行列にまずびっくりした。

こんなにたくさん立ち見できるのか?とついつい心配してしまった。

 

Mr.Childrenのコンサートは初めてだ。

運良く主催会社のネット抽選で席を確保できた。

若い男女から年輩の方まで、そのファンの年齢層の厚さに驚かされる。

Dvc00045  

これは指定席チケットを持っている人たちの行列。

いつも思うが、憧れのアーティストのコンサートチケットをゲットするためのファンの努力には頭が下がる。

彼ら(彼女ら)の電話をかける速度は一流会社の電話オペレーターの技術を軽く上回るのだろう。

人間は思いを現実化できる動物なのである。

 

席は2階席だったが、ほぼ正面だった。

Dvc00043_2

これは始まる前の会場の様子。

開演中は写真は禁止である。

 

さて、ミスチルだが、一言で言って、

「よかった~(月並みである)」

 

残念ながら、会場の音響の悪さ故か、アップテンポの曲では歌詞が聞き取れなかった。

それと「しるし」が聞きたかった。

 

彼らの曲は歌詞がいい。もちろんメロディ、アレンジもだが、僕は歌詞が好きだ。

僕的には勇気が湧いてくる。

たぶん会場に来られているほとんどのオーディエンスが同じ想いだと思う。 

 

音楽の強さを感じた。

こんな時代だからこそ音楽が必要なのかも知れない。

そして僕ら自身、叫ぶことが必要なのかも知れない。

そう思った。

 

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

カラオケで復刻版!

忘年会のシーズンですね。

今年の野球チームの忘年会は22日なんですけど、長男の塾の面談と重なってしまい、一次会は残念ながら参加できません。

とは言え、年々忘年会などに参加する機会が減ってきているような気がします。

10年以上前は週に3回くらい飲みに出て行ってたけど、めっきり月に1度行くか行かないか、です。

で、先日髪を切ってくれている美容師の先生とカラオケに行って来ました。

でも、どうです?

僕はあのリモコンのようなもので歌を選ぶのが苦手で、ついつい本をめくります。

リモコンで選ぶためには「これ!」って曲が決まってなければ難しいですよね。

わからないんですよ。

結構、本をペラペラめくりながら「あ、これ歌おう~♪」なんて決める人なんで。

決め打ちしないんです。

しかも、歌うのはやっぱり10~20年以上前の歌ですからね(^^;

若い頃、スナックで親父さんたちが古い歌を歌ってるのを聞いて、「ダサ~い」なんて思ってたけど、今や僕もその仲間入りを立派に果たしております。

で、歌ったのが、

ジュリィ~~♪

そう、沢田研二さんです!!

そしたらモニター画面に在りし日のジュリーの姿が!!!

いやぁ~~~、やっぱカッコいいですよ!

こんな人、今、いないでしょ~。

キザですよね!粋ですよね!!

でもなんと、うちの次男(小4)が缶コーヒーのCMでそのイントロが流れてる「カサブランカ・ダンディ」を聞いて、

「この歌歌えるよ~」

「???どして知ってんの???」

なんでかって?

TVの芸人のものまね歌合戦みたいなもので某芸人さんが歌ってたらしいです。

ジュリーの歌を芸人から・・・・

あのカッコ良さには無縁ですよね。

 

ところで中森明菜さんのファンでした。

LPほとんど持ってます。CDは4枚しか持ってませんでした。

つまり、今ほとんど聞けません。

Dvc00004 で、アマゾンで買いました。

この3枚、マジでいいから。

学生の時に買ったLP。今はCDで、うれしいことにLPをそのままミニチュア化。

みなさんも古い懐かしの曲。

CDで買ってみれば?

 

| | コメント (0)

2007年4月30日 (月)

原点を見た!

浜田省吾さんのコンサートに行って来ました!

とにかく僕的には今までで一番良かった!

コンサートで涙が出たのは初めてだよ。

浜田省吾さんで感動!というと多くの人がバラードで感動したんだなんて思うでしょうね。

でも違うの。

彼の曲では人生を感じるよ。2007k

少年の頃の夢→挫折→反骨心→成長・・・そんなストーリー。

そこにいろいろな恋愛もあって・・・。

恋人同士、夫婦、不倫(?)・・・そう、いろいろな愛の形。

 

で、今回涙が出た曲はね、

「終わりなき疾走」「I am a father」「君と歩いた道」「家路」

「終わりなき疾走」なんて今まで何百回と聞いてるのにね、なんか19才の頃のいろいろな夢を描いていた頃の自分を思い出してね。

大声出して一緒に歌えば歌うほど感極まるって感じ。

涙が出てくるの。

来てる人たちは90%以上、30才代~40才代。

みんな様々な人生背負ってるんだろうな。

省吾が言ってたように、それぞれが5000人分の1じゃなくて「俺はここに存在してるんだ」みたいな、なんかそんなことがものすごく自分の中に落ちてきたのかも知れない。

19才の自分が見えたよ。

自分が1億分の1なんて思ってなかった。

自分の可能性とチカラと未来を信じて疑ってなかった。

そんな自分を見つけることができたような気がする。

いつの間にか世の中の仕組みに振り回されている自分がいた。

同じところを迷路のようにグルグル回って焦ってるだけの自分がいた。

そうじゃないんだよね。

それじゃいけないわけ。

大人になる前ってそんなことももちろん知らなかったんだけど、知ったからってそこにいる必要はない。

すごく勇気をもらったし、温かさももらった。

そういう自分を感じられて自然と涙が出てきたよ。

前向いてやっていこう!

 

| | コメント (0)

2006年7月14日 (金)

ハーヴェイ・トンプソン LIVE

Goto 友人のハーヴェイ・トンプソン氏のライブが徳島ゴトーズ・バーでありました。

約1年ぶりのライブです。

3月に大阪で聞かせて頂きましたので僕自身今回で4回目です。

 

P1020360写真は自称ハーヴェイのマネージャー樫原氏です。(ホントのマネージャーはハーヴェイの奥様の妙子さんです)

ニューアルバムの曲を中心とした全国ツアーです。

JAZZコンサートってハーヴェイに出会うまで全く聞かなかったんですが、なじんできたのか、ハーヴェイの持つ独特の雰囲気に魅了されてきたのか、すごく良かった!

8月6日には徳島ジャズストリートにも登場します。場所はBELL'sです。

P1020362

JAZZが好きな人も、JAZZに興味がない人も一度ハーヴェイに会いに来てください。

きっと大好きになりますよ^^

 徳島ジャズストリート http://www.ponpoko.ne.jp/jazz/

 BELL's http://www.ponpoko.ne.jp/bells/

 ゴトーズバー http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/goto/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

運転中に・・・

22日から1泊で三重県桑名市に行って来ました。仕事のような遊びのような。

仕事仲間に会いに行ってたんですね。

ご飯食べて、カラオケ行って、酒飲んで語って・・・。

て言うと「おっさんくさい」とか言われる人もいると思いますが、

一緒に飲んでた仲間は、私の同級生なら間違いなく羨むキュートな2人の若い女性ですよ。ちょっと照れくさかったですけど。

気が付けば明け方の4時半で焦りました。 

                                            

                                                                                                                                                      

ところで私が住んでる徳島から桑名まで約330kmくらい離れています。

本州に住んでる人、特に関西から東の人から見ると四国なんて離れ島。

まるで海外。下手すれば秘境の地。

全くの別世界な訳ですよ。

                                   

                           

その秘境から桑名までは主に二通りのルートがあります。

名神高速を走り、大垣ICで下りて、あとは一般道を約30km走るルート。

大阪経由で西名阪を走り、桑名まで行くルート。

距離的には西名阪を走る方が近いみたいなんだけど、私が走るのはいつも名神です。

理由は、早いからです。

名阪は山道なのね。クネクネしててスピード出せない。

                                 

                      

で、その約300kmの高速をただひたすら一人黙々と運転している訳ですが・・・。

みなさんはどうですかね?

歌とか歌いません?

もちろん、単に口ずさむ程度からシャウトする人まで様々でしょうが・・・・。

                      

             

私はSHOUT!派です(`´)

          

人が聞いてないのをいいことに大音量のライブハウス状態です。

で、たぶんすごい顔して歌ってるんですよ。わかってるんでしょうね。

対向車の運転手の目線が気になるときがあります。

SHOUT!派の方はご経験があるかも。なんとなく恥ずかしいんだよね。

「対向車の人、すげぇ顔して歌ってたぜーーーっ」

なんて言われてるかもって。

でもね、

              

見てねーーーって  ┐(^ν^)┌

 

心配ないって。誰も見てねーよ。

帰り道なんてずーーーーっと浜田省吾。

Oh!Yeah!!歌いまくり。

だからみなさんも僕の言うこと信じて、顔を気にせず歌ってね。

SHOUT!してくださいね☆

その成果をぜひカラオケボックスで披露してください。

そのうまく歌ってる姿をイメージするんですよ。

モチベーション、高まりますから。

                

「うんうん(`´)」って頷いたあなた。かなりのスターになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)