« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月15日 (土)

ボストンかねふくの「あるでないで」 FMびざん

6月17日に引き続き、またまたラジオに呼んで頂いた。

番組は前回と同じ、FMびざん「ボストンかねふくのあるでないで」

P1060068 

これがまた楽しい番組で、かなりのノリ突っ込みの世界である。

今回も話題はマスターズ甲子園。

そんな番組なので、くやしい思い出を如何におもしろく話すかが僕の課題であったが、

その辺は日頃の生真面目さが出てしまい、

僕のコメントが全くおもしろくない。

思わず緊張が脇の下に走った。

P1060073

P1060074 

 

その僕以上におもしろくないのが監督の多田氏である。

まじめすぎる・・・。

心が解放できていない・・・。

コメントにツヤがない・・・。固い。

 

ま、人のことを言える立場にはないが。

P1060078

マスターズ甲子園に関しては自分自身も選手である傍ら、

徳島県高校野球OB連盟会長としてもどんどんPRしていかねばならない。

しかし、この番組はそういう固いことはなしである。

おもしろい。

 

11月3日の中馬野球ではぜひ歴史的初勝利を飾り、

ボストンさん、かねふくさんにまた呼んで頂きたいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

いい投手の後ろで守れることは光栄なことだと思う

先日、友人に誘われ、ある軟式野球の大会に参加した。

求められていることは投手としての参加。

しかし、土曜日の2回戦で久しぶりに投球したせいで日曜日は肩と肘がパンパンだった。

 

準決勝は第1回マスターズ甲子園徳島大会での優勝投手に投げてもらった。

さすがである。

無駄な投球が1球もない。

安心して守れる(ちなみに僕は二塁手をしていた)。

ここぞというときには三振を取る。

必ずバックに声をかける。

「たのんま~す!」と大声で。

 

今まで敵として戦ったことは何度もあったが、

味方として共に戦うとこんな心強い投手はいない。

 

ボールボーイの子供たちにやさしく声をかける。

そんな彼を見ていて思った。

本当に野球が好きなんだな、と。

 

こういう選手と共に野球ができることは幸せなことだ。

エースとは、まさにこういう存在を言うのだろう。

何十年も野球をやってきて、

こんな感覚は初めてであった。

 

素直に「こういう存在になりたい」と思った。

チームの中でも、

社会の中でも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »