« 感激、息子が初勝利! | トップページ | いい投手の後ろで守れることは光栄なことだと思う »

2011年9月 1日 (木)

不思議な商売

僕の事務所から徒歩2分ほど。

県道沿いの角地にその店はある。

徳島ラーメンでかなり有名な店だ。

 

しかし、この店、不思議なことに小さな子供は入店を拒否される。

つまり小さな子供がいると家族連れでも入れないのだ。

 

以前、弟がここで食事していると小さな子供を連れた家族が入ってきたらしい。

すると店主が

「うちは子供連れはお断りなんですよ」

と言って追い返したらしい。

 

どうやら、

食事に時間がかかる、

残す、

手間がかかる、

といった子供はダメなのだ。

 

お父さんが子供に

「あかんらしいわ」

と言い、

子供が

「食べれんの?」

と言いながらその親子は帰っていったとか。

 

内心、弟は憤慨したようだ。

せっかく子供は楽しみに来ているのに。

 

僕もその話を聞いてからその店には行かなくなった。

人にも紹介しなくなった。

 

 

僕は僕で自分の仕事でお客様が選んだ建築業者に困ったことがあった。

通常、

土地を買う → 家を建てる → お客様が幸せに暮らす

という順序で、

最後の幸せに暮らすためにお客様はまず土地を買い、家を建てる。

だから、僕の仕事は幸せな暮らし作りの第一段階を任せられていると考えている。

そのために大切なことはまず安心して土地を買って頂くこと。

安心して頂くために前もって不安な点を解決してあげること。

不安な点を解決するために十分な調査をしておくこと。

と、こういうふうに前倒しで物件や売主様の状況を調査しておかねばならない。

そして、第2段階の建築業者様にお渡しする。

 

なのにこの建築業者、

やたら不安を煽る。

土地取引に首を突っ込み、結局買主様の不安を煽るだけ煽り、そのツケを不動産業者に回してくる。

例えば、

フラット35(住宅金融支援機構の住宅ローン)の窓口銀行をこちらでご紹介しても、

「その銀行がフラット35を融資実行するまでに潰れたら家は建てられずにローンだけが残る」

なんてことを平気で言う。

 

「銀行が潰れる前におまえの会社が潰れるだろ!」

と言いたいところをグッとこらえる。

当然、建築業者を信頼しているお客様は不安で不安でしょうがなくなる。

 

おかしいと思いませんか?

何のためにこのセリフを言うのだろう。

 

 

商売って何を売るのだろうか。

業種業者は多々あるけれど、ただ売って終わりなん?

 

ラーメン屋はラーメンを売るだけ?

不動産屋は土地を売るだけでいいのかな。

売れればそれでいいの?

 

誰もが自分や家族のために始める商売だろうけど、

世に認められ、

末永く商売を続けるためには

「うちはおいしいラーメンを売ってるから客は他にもいっぱいいる」

と、ともすればそんな形に見られてしまうような営業でいいのかな。

お客様に不要な不安の種を巻いて、自分が何とかできるわけもないのにそれで信頼を得られると思っているのかな。

 

それが良いとか悪いとか、僕には判断する権利などないけれど、

少なくとも自分と関わってどれだけのお客様が幸せになってくれたのか、

そこを自分の商売のバロメーターにしたいなと思う。

|

« 感激、息子が初勝利! | トップページ | いい投手の後ろで守れることは光栄なことだと思う »