« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月 4日 (火)

ふく利のラーメン

GWということで、中1になったばかりの次男がラーメンを食べに連れて行けと言う。

しかも、夜は家族4人でコナンくんの映画に行くことになっていた。

 

以前、次男とラーメンを食べに行ったのは、僕の事務所の前の「美渓」さんだった。

ここのラーメンもうまい!

お向かいさんだから言うわけではない。

正直、うまい。

 

そのとき、次男はチャーシューメンをオーダーして、全部食べるのが厳しそうだった。

 

ちなみに高1の長男は大きい方だが、次男はまだ小さい。

ごはんもゆっくりと食べる。

決して量は少なくはないが、夕食などは食べるのに半時間はかかる。

よく噛んでゆっくり食べると太らないと言うが、太らないどころか、背も伸びていない。

 

で、今回は彼のリクエストもあり、ふく利さんのラーメンである。

ふく利の大星社長さんとは仕事上で少なからず縁がある。

ここのラーメンもうまい!

Dvc00015

昼食時間を外し、近所の沖浜店に1時頃行ったが外にはまだ行列ができていた。

しかも、それは僕らが帰るときまで途絶えることはなかった。

県外客も多いようだ。

徳島ラーメンという、地元民から見るとあまりパッとしない、取って付けたようなブランド名に多少戸惑うものの、明らかにそれは徳島県以外で大きな魅力を持つブランドになっているのだろう。

 

次男は人混みに入ると無口になる。

少々大人びた態度になる。

彼はラーメン並の餃子セットをオーダーした。

料理人になりたい、などと言うくせに、その大きな夢に矛盾するほど彼には好き嫌いが多い。

 

混んだ店内に接客係の女性の活きのいい声が響く。

彼女の声と笑顔は、この店の素晴らしい造りと相まって、明らかにそれだけでは決して作ることができない良いイメージを客に与えている。

 

小さな次男は時間をかけてラーメン+餃子セットを食べていく。

自分の食べる時間の遅さを知っているのだろう。

まずラーメンから食べていった。

確かに餃子とご飯とラーメンを上手に時間配分するとラーメンは伸びてしまう。

そして、餃子に移り、最後は半端に残っているご飯をラーメンスープをすすりながらうまく食べていった。

ここにも優先順位があるようだった。

 

僕らの2組後に入店した家族連れが会計している頃、僕らはまだカウンターにいた。

外食は例えそれがラーメンでも家族間に普段と違う間ができる。

それは決してイヤな物ではなく、どちらかというと微笑ましい間であることに違いない。

おいしそうに食べる、まだ小さい次男を見ていると非常に癒されるのである。

これも普段の食卓ではあまり感じることのない感覚かも知れない。 

 

夜は映画である。

彼の前に大きな人が座らないように祈らねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »