« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

考える野球

去る6月24日、アグリあなんスタジアムで、母校城南高校野球部と小松島高校野球部の試合があった。

練習試合ではなく、公式戦でもないこの試合は地元新聞にも取り上げられた。

なぜか、というと、この試合に出場するのは3年生だけ、という異例の試合だからだ。

 

ご存じのように3年生は7月に開催される夏の甲子園大会に繋がる地方大会に敗退すれば、それで高校野球という、ある種特別視される時間を終えてしまう。

地方大会のベンチ入りメンバーは20名。

今年の母校は総勢45名のいわゆる大所帯。

最後の大会にベンチ入りできない3年生も出てくる。

その彼らを中心とした試合である。

新聞記事には半ば「思い出作り」とか「監督の粋な計らい」というような言葉が並んでいたが、観戦した私は決してそれだけとは思わなかった。

 

もちろん、そういったセンチメンタリズム的要素を含んだ試合と言われればそれはそれで間違ってはいないだろう。

しかし、それは「様々な角度から見」たときの、ひとつの見え方にしか過ぎず、野球の指導者たちが仮にその一言で片付けてしまっているとすれば、その指導者の、少なくとも「チーム作り」という点における能力には疑問を持たずにはいられない。

 

強いところが必ず勝てるという法則は一戦必勝の高校野球には通用しない。

しかも、大会に合わせてあらゆるコンディションを整えることはプロでさえ難しい。

そして精神的にも最後の大会となると緊張すること尚更である。

 

この試合はまさしく夏の予選への前哨戦であり、甲子園という大舞台に行き着くまでの経緯を知った両校の監督であるからこそ、大きな意味を感じているのではないだろうか。

P1040059

 http://jonan-bbc-ob.betoku.jp/ 

  ↑↑(試合の模様はこちら)↑↑

  

目の前で、メンバー入りできなかった同級生や先輩が必死に頑張っている。

それをベンチから、あるいはスタンドから声を枯らし応援する。

父兄を始め、200名を超えるスタンドの雰囲気。

もちろん、電光掲示板の使用やウグイス嬢のアナウンスなど、全ては本番と同じである。

P1040054  

 

 

それを見たレギュラー陣はどう感じるだろうか。

熱い想いをより具体的に抱くのではないだろうか。

勝てば「今度は俺たちの番だ!」

負けても「俺たちが仇を取ってやる」

そう奮い立つのではないだろうか。

そして予選を迎えるのである。

否が応でも勢いは付く。

付かざるを得ない。

 

選手のモチベーションを更に高め、本番で緊張など感じさせないほどいい感じでプレーできるように持っていく、まさにチームを勝てる方向に導くための前哨戦。

それがこの試合の意味だ。

前哨戦での流れがチームに勢いを付ける。

 

こういう流れを作るためには様々な準備が必要である。

そして、その準備の中で、何よりも大切なのは選手に対する「見せ方」である。

「思い出作りをしよう」ではなく、「おまえたちが予選を勝ち抜くための勢いを作るんだ」としっかりと意味を伝える。

ビジネスの世界で一流になっている人たちではこういう手法を取ることは珍しいことではない。

ビジネスはスポーツに習うところが大きい。

しかしその反対はない。

スポーツの指導者にはそれを知る人が少ないからである。

 

常々思うことだが、技術指導ばかりに目を向けている指導者がどれだけ多いことか。

経営者感覚を持て、という言葉がビジネス界にはあるが、監督感覚を持て、というスポーツ指導者は私の知っている限りいない。

これは何も監督になれ、と言っているのではない。

成長し続ける企業になるためには、マクロ的に仕事の流れを読む、または掴むことが必要なように、勝ち続けるチームになるためにも同じ事が必要だろうと思うだけである。

 

徳島の名監督、池田高校の故 蔦文也監督は、金属バットの導入と共に、それを使った勝ち方を組み立てた。

もちろん技術も教えただろう。

しかし、彼は「打ち方」だけでなく、「それを使った勝ち方」を教えたのだ。

だから「やまびこ打線」は強力だった。

 

「人、物、金」をいつどのように使い(その順序、つまり「時」も含めて)、どのように活かすのか、それが成長の鍵であるということは否定できないところだし、経営者は常にその部分に考えを張り巡らせているものである。

野球も同じである。

蔦監督は金属バットという「物」を活かした。

他の指導者がそこに手を着けていない「時」に。

今回の試合は、大会にベンチ入りできない3年生という「人」をチームのために活かした。

3年生最後の大会直前という「時」に。

夏の大会が終わってからでは、この「時」を逸する。

そして、それは彼らにとっても大きな価値のある経験になった。

同時にレギュラー陣全員には高ぶる勢いを与えることになっただろう。

選手を活かしきるための前哨戦。

両校の監督はその大切な役割をベンチ入りできない3年生に任せたのだ。

そしてそれは彼らにしかできないことである。

見事な戦略、としか言いようがない。

 

レギュラー陣は、夏の大会前にありがちな「負けたら終わりだ」という考えよりも、「勝ち続けるんだ」という強い想いで試合には臨める。

仮に夏の大会、敗退しても残る「物」が全く違ってくる。

その想いは後輩が次に繋げる。

勝つんだ、という意識がチームの流れを作る。

この戦略は選手個々の、また、チーム全体の意識すら変える。

 

考える野球をしなければ勝てない時代なのだ。

考えている「つもり」ではダメである。

指導者が型にはまるとチームの成長はない。

スポーツの指導者がビジネスから学ぶこともぜひやってほしいと思う。

 

| | コメント (1)

2009年6月26日 (金)

気になる

最近すごく気になる・・・。

 

 

 

 

檀れい さん。

  

 

 

 

ついついテレビに釘付けになってしまう。

ついついにやけてしまう。

ついつい金麦買ってしまう。

 

そこに情熱注ぐ時じゃないのに   ε-( ̄ヘ ̄)

 

でも気になる。

 

もう夏やな~。

 

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

「ウェルかめ」より南へ

今年の後期のNHK連続テレビ小説は徳島県美波町を舞台にした「ウェルかめ」である。

美波町はウミガメの産卵で有名な町。

子供の頃、ウミガメに餌をやった経験があるが、割り箸を食いちぎりそうな勢いにかなりビビった記憶がある。

 

それより更に30キロほど南の海陽町宍喰に仕事で行った。

Sisikui もう少しで高知県との県境である。

車で往復4時間。

仕事した時間30分。

このアンバランスさが結構のんびりした気分にしてくれる。

P1040017P1040016P1040018     

 

 

不動産屋さんが見あたらなかったので、宍喰銀座通り(?)にあるタバコ屋さんのご夫婦に不動産の件でいろいろお話をお伺いした。

不動産屋のくせに土地勘の全くない私に、快く笑顔で話を聞かせてくださったご夫婦に心より感謝したい。

「本当にありがとうございます」

知らない土地で初めての人と交流できるのは非常に有り難いものだ。

心がホッとする。

 

帰りはあいにくの雨模様となって、あまり海の景色が楽しめなかったのが残念だった。

おまけに雷も鳴り出して。

 

家に帰ってくると愛犬のリンちゃん(ゴールデンレトリーバー、もうお婆ちゃん)が半狂乱になって家の隅で震えていた。

雷がよほど恐いのだろう。

 

リンちゃんも宍喰の海に連れて行ってやりたいな。

 

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

桑田真澄氏講演会

先日、日本生命主催の元メジャーリーガー桑田真澄さんの講演会に参加させて頂いた。

もちろん中3の息子も一緒に。

 

桑田氏はタイガースファンである自分にとって、ジャイアンツ時代はにっくき相手であった。

桑田氏が先発する試合は半分サジを投げて観戦していたように思う。

しかし、それは桑田氏の投手としての能力を認めていたからだし、だからといって彼を嫌いというわけではない。

 

くどいようだが自分は虎一筋である。

しかし、その前に野球を愛する一人の野球人でもある。

よって、好きな球団は阪神だが、好きな選手は他球団にもたくさんいるのである。

 

さて、桑田氏の話をどうしても聞いてみたいと思ったのは、

先日彼の本「ピッチャーズ・バイブル」(集英社文庫)を読んだからだ。

ずいぶん前に発刊された本だが、恥ずかしながら最近読んだばかりである。

 

ちなみにその他野球選手の本でお勧めは、

金本知憲「覚悟のすすめ」(角川oneテーマ21A87)、

工藤公康「47番の投球論」(ベスト新書)、

などがある。

もちろん、楽天監督野村克也氏の本などはほとんど読んでいる。

 

Dvc00021 さて、桑田氏の話には非常に感銘を受ける部分があった。

特に光と陰があるが如く、

努力にも表の努力と裏の努力があり、

表の努力は野球に対する努力だが、裏の努力は人に見つからないようにやるトイレ掃除や雑草抜きだと言っていた。

また、試練も然りである。

 

これは非常に大切なことである。

単に運やツキを味方に付けるということではない。

これは自分磨きなのである。

こういうところに目を向けることができる人間は、常に気配りができ、自分に妥協を許さず、何よりも多くのことに「気付き」を持つことができるようになる。

「気付くことができる」というのは能力なのである。

 

また、桑田氏は試練にも表と裏があるとおっしゃっていた。

表は「つらい、かなしい、苦しい」というようなものだが、

裏では「練習をし、試合で成果を試すこと」とその字の如くである、ということである。

 

ピッチャーズ・バイブルでは、右肘の手術から立ち直るまでの、正に彼の試練が如実に描かれていた。

 

最後に桑田氏が「大切なことの3つ目」としておっしゃったのが、

「本物に触れること」

である。

 

会場に彼のジャイアンツ時代とパイレーツ時代のユニホームや、甲子園で優勝したときのグローブなどが手渡された。

甲子園で優勝したときのグローブをさわらせて頂き、左手にはめさせて頂いたときは正直震えた。

本物に触れる、

なんとすごいことか。

 

中3の息子には非常に良い経験になったことは言うまでもない。

親として今後どれだけ本物に触れさせてあげられるか、そんなことを課題に思った講演会だった。

 

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

高松の夜は?

高松の友人、sayomiさんからメールを頂いた。

懐かしい人からの連絡とは元気をくれるものである。

あらためて何か温かいものを感じるからかも知れない。

 

さて、そのsayomiさん。

お店のブログを書いているようだ。

http://ameblo.jp/snack-fine/

0789rup64qur09htg6hnts

スナック Fine

高松市古馬場町10-10ソリッドビル2F
電話(087)823-3686
時計7:00-1:00 (時々3:00)ドア
お金カウンター4000円 ボックス5000円

最近夜の活動がない。

不況のせいと思っているが、実はそうでもない。

心に余裕がないのだ。

 

彼女のブログに書いてある言葉が心に染みた。

タイトル 「やりたい事は何だろう・・・(・・?」

の中で彼女はこう書いている。

いつも、している事だけ続けていれば・・

いつも、得ているものしか手に入らない・・・

その通りである。

僕も夜の街に飛び出す心の余裕を持たなければいけないのかも知れない。

 

| | コメント (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »