« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月13日 (月)

疲れた~~

城南高校野球部OBとしての2ヶ月ぶりの試合。

相手は第1回マスターズ甲子園徳島大会優勝校の徳島商業OBだ。

(写真はフォトアルバム)

監督不在の中、僕が代行を務める。

非常にタフな試合になりそうな予感があった。

 

前日、軟式野球で今年初めて投手を1回だけやった。

自分では調整のつもりだったが結構それが応えたようだ。

夕方の練習の段階で肘と肩に張りを感じていた。

そう若くはないのである。

 

メンバーも十分ではない。

2ヶ月間、練習もまともにやれていない。

もちろんそれは相手も同じだ。

でも層が違う。

何と言っても甲子園常連校の徳島商業OB。

こちらは創部110年を超えてもいまだ出場がない。

かつて高校野球が徳島で始まった時代。

(旧)徳島中学VS徳島商業、といえば、現在の早慶戦くらい盛り上がったというが、その面影は探しても見当たらないのである。

 

しかし、結果は予想に反して3回に逆転してから城南のペースだった。

強豪校の余裕か・・・。

進学校がペースを握ったままゲームは後半戦に突入してしまうのである。

後半4回のうち、2回は僕が投げなくてはならない。

P1030630 

言い訳するつもりはないが、ホントに球が走らなかった。

肩がこんなに重いのは初めてだ。

体力の限界と年齢の意味を考え直させられるときが来たのだろう。

 

そして、最後の2回、エース大村のとき、ついに硬式野球で初めて捕手を務めることになる。

P1030631硬式で捕手をするのが初めてなのに、そのときの投手がなんとエースなのである。

高めのストレートに体が付いていけない。

スライダーにミットが引っ張られる。

 

その頃、体力と集中力に限界を来していたのは僕だけではなかった。

必要以上に固いグランドのせいで打球が速い。

みんなの守備が付いていかない。

 

なんとかしないといけないと思いつつ、投手の力量に賭けるしかなかった。

結果的にスコアの割には今回は投手力で勝ったと言って良いだろう。

  http://jonan-bbc-ob.betoku.jp/ (スコアはこちら)

 

しかし、この充実感。

心地よい疲れ。

癖になる。

ビールがうますぎる。

 

次の甲子園への挑戦が始まった!!

 

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »