« 夏もいつの間にか・・・ | トップページ | 中村文昭先生徳島講演会のお知らせ »

2008年8月30日 (土)

初めてのファッションショー

徳島デザイナーズコレクションに行って来た。

もちろんファッションショーと言われるものには初めての参加である。

きっかけは、

友人がモデルとして出る!

ということだったので。

某大学の大学生である彼女とはスゥィーツ仲間(cake)である。

要は甘いもの好きな友人の一人だ。

 

会場に入るとたぶん98%は女性だった(と思う)。

しかも僕の予想を遙かに超えるほど平均年齢は高い。

 

若い女性と一部の男性が申し訳なさそうに会場入り口あたりでたむろしている。

年輩の女性はそこにいるだけで存在感がある。

人数が増えるとその大きさは×(かける)で増大すると思っている。

3分ほどで帰りたくなった。

 

気持ちを落ち着かせようと一旦外に出たらそこに救いの女神と出逢うことになる。

高校時代の彼女がそこにいた。

何でも仕事でお世話になっている人がデザイナーらしく、今回のショーに出ているので見に来たらしい。

友達がもう一人来るということで待っていた。

 

ちなみに彼女は先日行われた、マスターズ甲子園も観戦に来てくれた。

練習時にも一度みんなに差し入れもしてくれている。

次の月曜日には二十歳になるというお嬢さんがいる彼女は、その練習や試合を見て、

「なんでレーザービームの返球をしないの!pout

みたいな檄を飛ばしてくれていた。

 

友人を待って共に中に入る。

もちろん僕は一番後に入ることになる。

運良く3人分の席が揃って空いていた。

 

会場は徳島のケンチョピア(県庁前の新町川にあるヨットハーバー)前の、

その名も、THE PACIFIC HARBOR。http://www.thepacificharbor.com/ 

 

会場内は電子音たっぷりだが、時には和調あり、ロックありで雰囲気を絶妙に作り上げていた。

スタイルの良い、個人的には今までお付き合いもしたことのないような女性たちが音楽に合わせて、あのモデル独特のウォーキングで登場する。

だれか一人くらいデュークさんの健康ウォークをしないかと見ていたが決してそんなことはなかった。

もちろん男性モデルも、もし友人なら決して一緒に飲みに行きたくないようなイケメン揃いだ。

ファッションショーとは単に服を着たモデルさんがポーズを決めながら歩くものではなく、一つ一つがストーリーになっているのだと初めて知る。

このモデルの皆さんは地元徳島から全国に向けて活躍する、アン・モデル・エージェント所属のみなさんである。

http://www.am-model.com/

 

僕の友人である青木成実ちゃんは全部で4着。

普段の雰囲気とは全く違う(当たり前だが)彼女の美しさにはマヂ驚いた。

http://ammodel.jugem.jp/

 

モデルさんは小さな子供から大人の男性まで様々だが、殊更小さな女の子のモデルさんには学芸会のような雰囲気はさらさら無く、「しっかり仕事してる」と感心したものだ。

 

真剣に見ていると時間が経つのは早いものである。

隣にいる四半世紀以上前の元カノが「8時半には主人が迎えに来る」ということで、彼女の陰に隠れて入ってきたような僕も一緒に出ることにした。

ちょうどショーも終わりになってきたところだ。

成実ちゃんの晴れ姿もしっかりと目に焼き付けたし・・・。

 

成実ちゃん、これからもケーキに付き合ってくれるだろうか・・・。

これが一番の心配だ・・・。

 

|

« 夏もいつの間にか・・・ | トップページ | 中村文昭先生徳島講演会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏もいつの間にか・・・ | トップページ | 中村文昭先生徳島講演会のお知らせ »