« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月18日 (月)

小学生の頃って

昨日は日曜日。

一日中といっていいほど久しぶりに読書にふけっていた。

難しい本はあまり読まないんだけど、最近アマゾンで6冊もまとめ買いしてしまったものだから。

 

そのうちの1冊を読んでいるうちについつい小学生の頃を思い出した。

僕は結構自分で上品だと思っていたけれど、思い起こしてみると決して上品な部類に入る少年ではなかったようだ。

  

考えてみるととんでもない遊びをやっていたものだ。

僕は小学生の頃は小松島市というところに住んでいた。

そこはいまだに田園風景が残っているところだけど、今みたいに田圃の真ん中を横切る道路は広くなかった。

ホントのたんぼ道。

横には用水が流れていた。

それを僕らは立ち幅跳びの要領で飛び越えるのである。

 

女の子たちはゴム飛びなんてやってたけど、そんなリスクのない遊びを僕らは好まなかった。

一つ間違えば用水に落ち込む。

そのスリルがたまらなかった。

ルールも何もない。

いじめなどはなかったが、ターゲットにされると容赦なく邪魔される。

用水に落ちると全員が手を上げて喜んだ。

落ちた子も笑っている。 

 

あるときは特別な鬼ごっこをやった。

普通の鬼ごっこなら鬼にタッチされることによって鬼が交代する。

僕らはスリルを好む集団だったのでそんな鬼ごっこはやらない。

それじゃ、女子のゴム飛びと同じなのである。

 

僕らの鬼ごっこの鬼は犬のウンチを擦り付けた小枝を持っていた。

それを持って追いかけてくる。

しかもそれを投げつける。

当てられたやつが次の鬼になる。

これはマジでヤバイ。

 

高校時代に流行った「Dr.スランプ」のアラレちゃんが「勇気の人差し指」という技でウンチ君に「ツンツン」とやっていたが、僕らはその10年ほど前から小枝でツンツンやっていた。

僕らのウンチ君は笑わないし、可愛くなどない。

もちろん僕らの人差し指には勇気などもない。

従って、鬼になったときの気の滅入りようったらない。

一刻も早くその枝を誰かに渡したいのだ。

想像していただきたい。

かなりマジなしかもハイレベルの鬼ごっこを。

鬼に追いつめられたときの絶望感を。

 

でもそんな僕らだから毎日のように親に怒られたか、というとそうでもなかったと思う。

せいぜい「気を付けなさいよ」と言われるくらいだったはずだ。

今の親にはない寛大さに改めて驚かされる。

その寛大さに感謝しながも今日洗濯してもらったシャツにウンチが付いていたとは口が裂けても言えないと子供心に思っていたものだ。

 

それだけ今の世の中が親の手に負えない危険が渦巻いているのだろう。

 

川でフナを釣ったり、田圃のワラで基地を作ったり、ジャイアント馬場の真似をしたり、自転車で暴走族のようにみんなで走ったり。

常に友達4~5人は連んでいた。

なつかしいな~と思った。

 

残念ながらこの田園風景広がる徳島でも今やそんな遊びをする子供たちはいない。

今の子供たちには小枝にウンチを擦り付ける勇気よりも、テレビゲームで残り少ない弾薬を持ってゾンビの集団の中に突っ込んでいく勇気こそが求められる。

大らかさがなくなってきていると思うのは僕だけだろうか。

 

| | コメント (1)

2008年2月 7日 (木)

ひき逃げ!?

先日、2月4日、長男の帰りが遅いと家内が見に行ってみると、降りしきる雨の中、なんと赤いライトがクルクルと田圃道の中で回っていたらしい。

一目でパトカーとわかるそのライトの数は4台。

彼女は咄嗟に我が子がそのちょっとした群衆の中に、まさに当事者として、いることを確信したという。

さすがに母親だ。

しかし、彼女は十分落ち着いていた。

もし、考えられる最悪の事態に陥っていた場合は警察から連絡がすでに入っているはず。

それどころか、我が子が何かしでかしたのでは?、とまで考えたというのだから恐れ入る。

 

そんなことを考えながら近寄ってみると、思った通り、いたいた、我が子が泥んこになって立っていた。

どうも前から走ってきたバイクと接触し、はずみで田圃に落ちたらしい。

 

余談だが、我が家は団地と言えども、専門家的に言うと、市街化調整区域という都市計画法上のカテゴリーに立地している。

これはいわゆる「市街化を抑制する地域」である。

だから、大規模開発の住宅地でも、団地を抜けるとほぼ間違いなく農地が広がっている。

 

そこで野球のユニホーム姿の中1の長男は田圃にうつぶせになっているところを通行人(すごくいい人)に発見され、警察に通報してもらったという。

発見者は一瞬息子が死んでいると思ったらしい。

当の本人は、ショックで体に力が入らず、おまけに田圃が雨でぬかるんでいて起きるに起きられず、本人曰く、仕方がないので、そのままうつぶせになっていたということ。

この「仕方がないのでそのままうつぶせになっている」ような息子が実は可愛くて仕方がない。

 

接触したバイクはそのまま逃走したらしい。

息子はと言うとおかげさまで少々足が痛いと言いつつ、無傷であった。

無傷とはいえ、これも立派なひき逃げ事件だという。

もちろん、そんな犯人は許せない。

こんな事件が僕らの知らないところでいくつも起こっているのだろう。

無防備な子供たちに万一のことがあったらどうするつもりだ!

 

自転車は一旦押収され、着ていた服は警察の許可があるまで洗えない。

なぜなら接触した部分に犯人のバイクの塗料とか着ていた服の繊維が付着している可能性があるということ。

でも結局何も出なかった。

残念ながら雨が全てを流してしまったようだ。

 

それで翌日から張り込み。

犯人のバイクは大きめでライトは丸型。ハンドルはまっすぐのものでいわゆるアメリカンスタイルのものではない。

フルフェイスのヘルメットをしていたという。

田圃道でパトカー2台、警官4名がライトを消して検問。

その後ろの車で控える僕と息子。

山から吹き下ろす冷たい風の中、田圃の中じゃ犯人どころか、通る車もなかなかない。

 

と思った瞬間、向こうから丸いライトのバイクが近寄ってきた。

こちらに気づく様子もなく近づいてくる。

おもむろに赤いスティックのライトを付けてそれを止める警官。

それに気づき、警官の遥か手前で急停車するバイク。

駆け寄る警官。

おかしい!犯人か!?

僕と息子からは暗闇の向こうで警官とバイクがどんな状態になっているかがわからない。

もめているのか?

緊張が走る!

でも犯人じゃないならどうしてあんな手前で停車したのか!

待つこと5分・・・

バイクの少年が二人、こちらに歩いてきた。

バイクは原付。

どうやら犯人ではない。犯人はもっと大きなバイクのはず。

え?原付?・・・ふたり?

二人乗りをしていて突然警官が出てきたからビビって停止したようだ。

人騒がせな・・・。

 

結局、2日間の張り込みで犯人は捕まらず、それに付き合わされた長男は今日、風邪で学校を休んだ・・・(^^;

 

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »