« 時間の空白もなく | トップページ | ともだち »

2007年9月30日 (日)

Come On Stand Up !

大阪城ホールに長渕剛コンサート行って来ました。

いつも思うことですが開演前からの異常な盛り上がり。

会場の外には「ギター預かり場」なんてあって来場者の中にはギターを持って参加してくる人もいます。

もちろん開演前や終了後にはあちらこちらで歌う人たちが。

しかし終了後は雨が降っていてその名物とも言える風景は見えなかったんだけど。

 

コンサートは・・・とにかくよかった!!

 

大阪城ホールは音響がかなり悪いんだけど、アリーナの真ん中に設置されたステージで360度観客だから音は思ったほど悪くなかったです。

オールドファンには嬉しい曲、「愛してるのに」「ひざまくら」そしてアンコールのラストには弾き語りで「逆流」

曲目の中心は最新アルバムからだったけど、それもやっぱりライブだから迫力が全く違ったんですよね。

 

彼自身も若いね。

浜田省吾さんもそうだけど50才を過ぎてあの若さ。

見習いたいものです。

 

TSUYOSHIのライブは常に観客一体。

みんなが拳を振り上げながら歌い続ける。

観客も骨太の人が多い。

もちろんかわいい女性からご年輩のみなさんまで。

人生の応援歌なんだろうね。だから年齢性別が関係ない。

 

彼の歌の中で最近感じるのは愛国心。

この国では国旗や国歌を戦争に結びつけるような考え方が多いけど、それって他の国ではあまり見られないこと。

僕が仕事で行く中国もアメリカも国旗を掲げているビルや企業は多いよね。

 

僕らが自分のルーツを選べないように、その人たちの血を受け継いで存在しているようにこの国にも歴史がある。

戦争や侵略の歴史は変えられない。

でも先の戦争で今の日本の礎になって死んでいった人たちの人生を否定することはできない。

彼らがいたからこそ今の自分たちの生活がある。

 

先日、22才の人に戦艦大和の話をしたら「大和って??」という返事。

戦争を拒むことを忘れてはいけないが、戦争自体を忘れることはどうなんだろうか。

それを教えない教育。今、教科書問題で沖縄が泣いている。

ミャンマーでは国民が政府相手に命をかけて闘っている。

恥ずかしい過去や不幸な被爆国としての現実にただ蓋をするだけでいいのか。

仮に浄化できる手段があるとすればそれは受け入れることから始まるんじゃないだろうか。

 

TSUYOSHIの話からちょっと飛躍しちゃったけど、彼の最近の歌には日本の現実を受け入れ、それを新しい時代に繋げていこうとするような強さがある。

国=人、ならば人の生き方もまた同じ。

過去は変えられない。

過去を隠すことにチカラを使っていると進歩はない。

過去を受け入れ、だからこそ強く生きなきゃという強さが人を変える。

 

自分自身もそんな大人、そんな親、そんな男、そんな人間でありたい。

 

|

« 時間の空白もなく | トップページ | ともだち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時間の空白もなく | トップページ | ともだち »