« 涙、出たよ | トップページ | 楽しみになってきた! »

2007年4月 7日 (土)

たまたまだけど

「世界の中心で愛をさけぶ」のDVDを見た。

以前にWOWOWか何かで録画してたやつ。

そういえばこの原作本、上海のホテルで夜読んだな~。

すごく泣いた。で、映画を見に行った。

 

古いって?

長渕も歌ってるじゃん。

♪古いか新しいかなんて間抜けなもの達の言いぐさだった

♪俺か俺じゃねぇかでただ命がけだった 

よく、原作の方がいい、とか、映画の方がいい、とか、いろいろ言うやつがいる。

そういう意見を聞く度、他に感想ないのか~って思ってた。

批評家になっても何も生まれないでしょ。

本は場面を自分なりに想像できる楽しさがある。

映画は本じゃ見えない風景や感情が見える。

良さを探せないのに語るな!っちゅうの。

 

ところで、この映画・・・。

やっぱり泣けるわ。

 

誰もが過去の自分とその風景や匂いを覚えていると思う。

でも、その人がこの世にいないってマジ悲しい。それをも超越してる。

 

会いたい人っていないですか?

過去に戻ってもう一度あの時みたいに一緒に過ごしてみたい人。

僕はいるな~。

この映画見ててそう思うワ。

あの時の僕は何を考え、何を夢見てましたか?

 

 

|

« 涙、出たよ | トップページ | 楽しみになってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 涙、出たよ | トップページ | 楽しみになってきた! »