« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

撮影現場

撮影現場

今夜も撮影に参加しています。
四国放送にもインタビューしてもらった。
今夜はタイガースも勝ったし、なんか僕がテレビで見てなければ勝ってるみたい。
 
今夜は遅くなりそうだな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

引き続き・・・

今日も「眉山」の撮影がありました。

前回と違うところは俳優の皆様が参加されていたこと。

主演の松島菜々子さんはじめ、大沢たかおさんや宮本信子さんが阿波踊りを見に行くシーン。

我が野球チームの監督の実家の前で撮影でした。

そして私のポジションはなんと・・・

松島さんのすぐ後ろ1m

いやぁ、女優さんて顔が小さい・・・。きれいな女性でしたよ。背も高いし。

暑そうだったので団扇で扇いであげました。光栄です(T_T)

 

でもやりがいがある仕事だろうな~とつくづく思いましたよ。

演技って素人が思っている何倍も大変だろうけど、それだけに間近で見るとすごいな~って思えました。

来年6月東宝系で封切です。

ぜひ原作本もお読み頂ければ幸いです。いい本ですよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

映画に出演!

今、徳島ではさだまさしさん原作の小説「眉山」の映画ロケが行われています。

主演は松島菜々子さんです。

阿波踊り会場での大がかりなロケもあったし、撮影は街のあちこちで9月末まで続くそうです。

地元の映画ロケ、といえばエキストラでしょう。

これは一生に一度の記念、と応募したら選ばれました。

その私にとって記念すべき1回目の撮影が今日、西新町というところで撮影されました。

通行人の役ですけどね。

人数7~8人だったからばっちり映ってるんじゃないかな。

でもたった3分ほどのカットなのですが、それに1時間以上もかけて撮るんですね。

テレビでよく見ていた「ほんば~ん」→「カッーート」のかけ声を初めて聞きました。

ちょっと感動。

立ち位置、歩く速度、止まる位置・・・一人一人が違う動きなので、指導してくれて楽しかったですよ。

まだあと3日、参加させて頂きます。

演技って楽しいワ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

微笑ましく

お盆ですね。

徳島では恒例の阿波踊りが12~15日の4日間開催されます。

学生の時は毎晩踊って飲んで・・・でしたが、最近はこの期間、徳島市の中心部には全く寄り付いておりません。

 

ところで二人の息子たちは当然の如く夏休みで、自分たちが決めた目標通り(?)の勉強を毎日こなしつつ、真っ黒に日焼けしております。

200608102 今日、妻の実家である枚方に二人で向かいました。

同じ服を着て、同じリュックを背負い、同じキャップを被ってバスを待っている二人を見ていると何とも・・・。

 

200608101 まさにBrotherって感じで笑える。

子供の成長に親は追い付けないな。

 

大人になったらなかなか夏休みも取れないし、休みに何をすればいいかもわからなくなっている自分に気付かされます。

休みを満喫できるようになりたいな~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

どこに脱出?

昭和38年に徳島で生まれて、途中、東京都民を1年(浪人生ですが・・・^^;)、京都で6年半、それ以外はずっと徳島県民です。

この愛すべき田舎都市でいまだに不思議に思うことがたくさんあります。

その一つをご紹介しましょう。

徳島県庁から国道55号バイパスを南にわずか500mほどのところにこの建物はあります。

P1010078 おもしろいのは4階にある扉!

この扉、何のために設置されているのでしょう。

それどころか誤って開くと下まで落ちてしまいますよね。

超危ない・・・。

これを作った人にぜひこの意味が聞きたいものです。

不思議です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

おめでとう亀田興毅選手!

思わず熱くなってしまいました。

判定勝ちの瞬間!!!

負けたかな~って思ったけど、よかった~~。

 

彼は「不細工な試合」って言ってたけど、

こんなかっこいい息子。

こんな親孝行な息子はいないと思いました。

世間ではいろいろ言う人がいると思うけど、世界一っていうのは世界で唯一人ということ。

周りでとやかく言うのは簡単だし、ましてや僕にはボクシングのことは詳しくはわかりません。

でも彼が「オヤジのボクシングが世界一と証明できた」と言ったことに意味があると思いました。

なぜか?僕も息子であり、素晴らしい父がいるからです。

誰かの息子という意味では世の男性はみんな共通のフィールドにいるはずと思ったんです。

すごいなと心から思いました。

僕も負けないようがんばらねば・・・。

亀田選手、本当におめでとうございます!!!

 

もうひとつ心から言いたい!!

 

もっとがんばれよ!タイガース!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »