« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

すっかり・・・夏!

長かった梅雨も明け、すっかり夏の空です。

P1010077

このように事務所から一歩外に出ると夏の空が誘います。

夏は海、冬はスキーに出かけた日々が懐かしい・・・。

もともと肌が白い方なのでなかなかカッコ悪い方です。

大学の時はバイトでお中元の配達やってんですが、8月は南の海に旅行していました。

一気に肌を焼いてひどいことになったときもありましたね・・・。

サラリーマンの時は(京都にいる頃は行けなかったけど)バイクで5月頃から海に行って焼いてました。

独立したらお金も時間も自由になると思ったけど、そんな自分にはまだまだほど遠く、アスファルトの上で夏の空を眺めるだけです・・・さびしい・・・

 

子供の頃は大人になったらできることが増えると思ってました。

でも大人になるとできなくなることが増えるということに気付きました。

本当の自分らしさって・・・以前も書いたことがあるけど・・・どうなんだろうね。

いずれにしても「昔はこうだった」とか「学生の時は・・・」なんて言っているようじゃ自分らしさって持ててないんだろうね。

 

ちなみに夏で思い出す曲・・・

NOBODYの「モノクロームの夏」「Darling Darling」

mamas&papasの「California Dreamin'」

歌は思い出を連れてくるのです。

それにしても・・・・・・・あ~あ、夏です!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

言いたい放題ですみません

いつの間にか深キョン出演DVDの所有が映画、ドラマを合わせて22作になっていました。

「神様、もう少しだけ」から始まって、先日の中国でショップのお姉さんに勧められた「富豪刑事デラックス(日本発売10月予定)」まで。

ちなみにドラマは、その他に「農家のヨメになりたい」「富豪刑事」「First Love」「リモート」「南くんの恋人」「Fighting Girl」「幸せになりたい」「to Heart」「ふたり」「Friends」「ハコイリムスメ」「Strawberry On the Shortcake(S.O.S)」「彼女が死んじゃった。」「X'masなんて大嫌い」

映画は、「下妻物語」「天使」「阿修羅のごとく」「陰陽師Ⅱ」「死者の学園祭」「Dolls」

ぶっちゃけ、ここまでくれば結構なコレクターと言えるでしょう。

で、なんでこんなに好きなんだろうって客観的に考えてみたんですよ。

その中でも僕の最も大好きな作品は、「S.O.S」「神様、もう少しだけ」「First Love」「リモート」なんですね。

深田さんがドラマで演じる役ってのは、すごく一途な女性なんですよ。

恋愛を真剣にやっているんです。でもなかなかうまくいかない。

泣いたり笑ったり悩んだり・・・。大胆なんだけど繊細で傷付きやすい、でも前を向いてる・・・全力でぶつかっていくんだけどその分秘めてるものもある・・・みたいな。中には「リモート」のようなおとぼけキャラもあるんですけどね。

一言で言うと「すごく女の子してる」と思うんです。

正直そういう部分に憧れを感じている自分がいるんですね。

これ、なかなかわかってもらえないかも知れないけどすごく素敵なことだと思うんです。

「S.O.S」なんてストーリー自体が自分的にすごくわかる部分がある。

なんか過去に置き忘れてきたようなものに出会った感じ・・・。

それが何なのかがうまくわからない・・・。

例えば、優しさ、ときめき、もどかしさ、切なさ・・・。そんなものを自分が持ち合わせていたとして、深田さんが演じる女性がレベル10なら常に自分はレベル4~5くらいだと思う。

それを自覚させられてしまう。

だから憧れるのかな?  わかります?  これ・・・。  

足りてないんですよ。

それを感じさせてくれて、なおかつ、癒してくれるような魅力がある。これが深田恭子さんという女優の魅力だと勝手に思っています。

もっともそんな僕に対する周りの評価は「ロリコン」とか「深キョンオタク」とか「ええかげんにせぃ!」とか・・・(^^;

全く恋愛のわびさびがわからない人たちだ( ̄^ ̄)

もっと丁寧に恋することの重要さ、知ってるの?って言いたくなるんだけど、現実的には「だから何!」って言われるだろうな・・・この年になれば・・・

かと言って誰かと深キョン談義をしたい気持ちなどさらさらなく、単に自分の中の価値観を出るものではありませんよ。

でも、ドラマというものを通して、少なくとも僕にとって理想の女性や恋愛観を演じてくれる深田恭子さんという女優を僕は心から尊敬してるし大切に思っているんだろうな。

そんなふうに柄にもなく考えてしまう一日でした。

Strawberry On the Shortcake(S.O.S) http://www.tbs.co.jp/sos2001/

First Love http://www.tbs.co.jp/firstlove/index-f.html

 

その他、今日思ったこと・・・

1.睡眠時間1時間で野球の試合をするのはキツイ

2.欽ちゃん球団解散しなくてよかった

3.オールスターの藤川投手VS清原選手 感動していた藤川投手に感動した

4.深キョンはやっぱりかわいい

以上。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

帰ってきました~

上海、マジで暑かったです。

結局引っ越しは同じマンションの28階に空きがあったのでそこに移ることにしました。

P1020383荷物をまとめ、部屋での最後の食事は餃子!P1020384

26階から28階へ、なんと仲介の不動産屋さん(ビルの管理人でもある)も手伝ってくれましたよ。

 

P1020394_1

 

←このマンションです。

 

 

 

さて、引っ越しも終わり、あとは食事と買い物で最後の一日は終わりました。

ここでへんてこりんな写真を数点・・・。

 

P1020390 P1020391

近所のレストランの前にある銅像

 

 

  

 P1020395_1

P1020393 

近所の風景

 

 P1020392 P1020400

レストランの中

 

 

P1020406 P1020415

行きつけのお茶屋のオヤジとガマガエルの置物。

 

 

 

 

余談ですが、またまたDVD屋さんに行きました。

すると店のお兄さんが「ニーハオ!」、奥からお姉さんが深キョンのDVD持って出てきました。

・・・覚えられてる・・・しかも好みまで・・・

更に「お取り置き」とは・・・。

 

上海、最高!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

上海ですよ~^^

昨日から上海に来ています。

来るときの機内でびっくりしたことがひとつ!

今回は上海航空を利用したのですが、これが2回目だったんです。いつもは中国国際航空ですから。

中国国際航空の方がシートが広いんですよね。

で、その2度目の上海航空で、なんと前回お隣の席だった女性がまたまた隣だったんです。話しかけられてびっくり!蘇州の人なんだけど、大阪で暮らしてる人なのね。

で、彼女も前回以来中国来てないらしく、彼女にしてみれば2回連続でお隣が同じ人間だったってワケ。

これはすごい確率だよ!

今回の出張には絶対何か意味がある!

そんなふうに思いながらやってきました。

 

実はマンションの契約が切れるので今回の最優先課題はお片づけと引っ越しなのね。

そしたら土曜日から入ってたO氏が「いい話がある!」って。

ちょっとしたきっかけで大きな仕事が回ってきそうっていうワケ。

うまP1020364く言えないけどこれがうまくいけばすごい!っていう話です。

プレゼンのため打ち合わせするO氏とK氏

でもここんとこ休みなしで働いていたから結構僕もバテてたらしく昨日は体調悪かったな~。みんなで四川料理を食べに行ってあとはマッサージに行き、早めに寝ました。

で、今日は新しいマンションがあるとかで見に行きましたよ。安くて新しくていいな~と思ったんだけど、結論はマダです。

P1020373

こんな通りに面した・・・・

P1020377_1

こんなエントランスのマンションを・・・・・

P1020372_2

この不動産屋で・・・・・・

P1020375_1

見つけました・・・・・

 

夜は袁さんのところに行ってインターネット事業の打ち合わせ。これに結構袁さんと張さんが興奮しちゃっておもしろかったけど、何とか次回に夢が残せそうな今回の出張になりそうです。23時くらいに袁さん宅を出てタクシーで一人帰ってきました。

なじんできたよな~、上海。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

ハーヴェイ・トンプソン LIVE

Goto 友人のハーヴェイ・トンプソン氏のライブが徳島ゴトーズ・バーでありました。

約1年ぶりのライブです。

3月に大阪で聞かせて頂きましたので僕自身今回で4回目です。

 

P1020360写真は自称ハーヴェイのマネージャー樫原氏です。(ホントのマネージャーはハーヴェイの奥様の妙子さんです)

ニューアルバムの曲を中心とした全国ツアーです。

JAZZコンサートってハーヴェイに出会うまで全く聞かなかったんですが、なじんできたのか、ハーヴェイの持つ独特の雰囲気に魅了されてきたのか、すごく良かった!

8月6日には徳島ジャズストリートにも登場します。場所はBELL'sです。

P1020362

JAZZが好きな人も、JAZZに興味がない人も一度ハーヴェイに会いに来てください。

きっと大好きになりますよ^^

 徳島ジャズストリート http://www.ponpoko.ne.jp/jazz/

 BELL's http://www.ponpoko.ne.jp/bells/

 ゴトーズバー http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/goto/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

生き方とは・・・?

サッカーの中田選手の引退メッセージが小中学校の教材に・・・という要望があるそうです。

僕も読ませて頂きました。

「自分の人生という時間の中で今何をするときなのか」そんなことを考えながら生きている人は少ないんじゃないかと思います。

だからこそ、教材にという声が出てくるのかなとも思ったりします。

昔、こんな話を聞いたことがあります。

人生を24時間に例えると今何をすべきかが見えるというのです。

例えば人生80年で置き換えると・・・

20才は朝6時、40才は正午、60才は18時・・・という具合です。

何となくわかっていただけるのではないでしょうか?

 

こういう考え方は非常に大切だと思います。

自分の人生を中心に時を組み立てているということですね。

でも悲しいかな多くの人たち(僕も含めて)が「やらざるを得ないこと」を中心に時を組み立てています。

「やるべきこと」と「やらざるを得ないこと」は全く違います。

もちろん「やりたいこと」と「やるべきこと」も違いますが、僕が思うのは、「やるべきこと」の延長上に「やりたいこと」ができるようになるということです。

しかし、「やらざるを得ないこと」の延長上に「やりたいこと」ができるようになるとはどうしても思えません。

将来の自分を見据えて「やるべきこと」をしっかりとやること・・・

それは体制の中にあるものではなくて、自分の中にあるものです。

それを表現できる人に僕たちは憧れます。

でもできるなら自分で自分の人生に憧れながら生きていきたい、と思ったりします。

そんなことをいろいろと考えさせられました。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »