2012年7月22日 (日)

Img_0708


城南史上最強チームの夏が終わり、新チームの背番号「1」を持って帰ってきたときはビックリした。
 
Img_3963
 

しかしすぐのブロック大会で今度は前腕二頭筋を傷めた。というより夏休みの練習試合の連戦でかなり無理をしていたみたいだ。

でもエースのプライドか。
痛いことを監督には黙っていた。

ブロック大会では強豪鳴門に土を付け勝利投手となる。
しかし、腕は痛みですでに振れない状況。
決勝の鳴門第一戦では投げる姿が見ていて痛々しかった。

結局これがあとで尾を引くことになる。
秋の大会はベンチに入ったけど登板なし。
その後3ヶ月、12月まで投げられない状況に。

そこからは傷めないフォームを作りつつ、再び傷めないように不安の中で投げていたんだろうな。


親バカかも知れないが球速は140kmは出るようになるはずと思っている。
いつもそう話していた。
ただちょっとコントロールが甘いかな。


しかし春の大会は三番手。

敗色濃厚の中で登板して、
7回から最終回まで、
9つのうちの7つを三振でしめた。
チームは負けたが意地を見せた格好。
 
Spring

 
彼もこの調子なら夏は、と思っていたはずだ。
球速は135kmくらいまでは上がってきたのかな。


そして迎えた最後の夏。
結局一度も登板することなく彼は人生の中の高校野球と言われる時期を終えた。

一点差を追い付いたという知らせはブルペンには来なかった。

27ヶ月の高校野球。
その3分の1をケガで泣いた。


親としては本当に野球を楽しめたのかと思うときがある。

そしてこれからも野球を続けるのかどうか・・・でもこれは彼が決めることだ。
 
Img_4396

 
さっき「高校野球はどうだった?」と聞いてみた。
ちょっと考えた後で「なんか大変だったな」と彼は答えた。

その言葉がどういう意味を持つのかまだ僕にはわからないが、少なくとも僕にとっては野球を通じてすごく親孝行をしてくれた息子に違いはない。

もう城南のユニホームを着て、マウンドに立つ彼を見ることはできないけれど、少なくとも僕は最高の投手だと思っている。

息子に、どうもありがとう!
そして心からお疲れさまでした!!
 
Img_5170

| | コメント (1)

2012年2月 6日 (月)

なんと今年初めて

1月31日に徳島市文化の森イベントホールで中村文昭さんの講演会を開催した。

中村さんの講演会を主催するのは今回で2回目だが、

あまりの人気の凄さにかなりびっくりする。

P1060194

自分を飾ることなくありのままさらけ出すからこそ伝わるものがあるのだと思う。

 

その中村さんが近頃マンガの「ONE PIECE」にはまっているという。

体調を崩して寝ているときにお子さんから、

「お父さん、今こそONE PIECEを読むチャンスやで」

と言われたらしい。

子供と同じ目線で感動したいという中村さんはすぐに読み始めた。

読み進めるうちにどんどん感動が増し、

ナミ「ルフィ、助けて」→ルフィ「当たり前だーーー!」で泣いたらしい。

そこを息子に見られ、

「お父さん、泣いてんの?どこで泣いたん?」

で親子の会話。

でもその後、息子さんに言われたらしい。

「そこもいいけど、そんなとこで泣いてたら、

16巻のチョッパーで死ぬで!」

 

結果は中村さん、16巻のチョッパーで死す。

 

それを聞いた僕は今ONE PIECEを毎晩3巻ずつ読み、感動の涙に暮れている。

 

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

嬉しい心遣い

一昨日シェーバーの替え刃を買いに行った。

ところが僕のシェーバーは気に入っていることもあってもう5年以上使っている。

しかも自宅用・出張用と2コも持っている。

それに合う替え刃が売っていない。しょうがない。現在は5枚刃が売られている時代。僕のは3枚刃である。

これを使うきっかけはそもそもこのシェーバーに北斗の拳フィギュアがおまけで付いていたからであるが、これが使ってみると結構手に馴染んで使いやすかった。

 

そこでメーカーのお客様サポートに電話で問い合わせ。

するとすでに製造も販売もしていないということだ。

「そうですか、仕方ないですよね、買い替えます」

と言って電話を切ろうとしたところ、

「お客様、長い間お使い頂きありがとうございます。差し出がましいようですが、差し支えなければ現在販売しておりますホルダーをお送り致しますので一度お試し下さいませんか?一週間ほどでお手元にお届け致しますので」

という嬉しい心遣い。

 

替え刃がなくなれば通常は買い替えるというのがこの業界の掟と思い、諦めていたのだが。

 

そして一週間後のはずが翌日には手元に。しかもお礼状付き。

感動した。

111206_205414_2 

  

父や息子は

「ええ会社やな。そんなことしてくれるんやな」

と口コミするぞオーラがバリバリ。

しかし、妻は

「電話してみるもんやな。でも2コあるんやから何で2コもらわんの?」

と。

 

シビアである。

ちなみにこのメーカーさんは貝印株式会社さんです。

 

| | コメント (0)

«新春!中村文昭氏徳島講演会のお知らせ